zoka coffee

artlarge,株式会社artLarge,アートラージ,宮脇直也,miyawaki naoya,広告 デザイン,Tシャツ

artlarge,株式会社artLarge,アートラージ,宮脇直也,miyawaki naoya,広告 デザイン,Tシャツ

artlarge,株式会社artLarge,アートラージ,宮脇直也,miyawaki naoya,広告 デザイン,Tシャツ

課題・オーダー

zoka coffee

新しいシアトル発のカフェを如何にして浸透させるのか?というミッションを基にブランディングから考えてほしいとのご依頼を頂きました。 そこには大きな課題があり、ただ単にcafeとしてコーヒーを売るのではなく、時間や空間をも楽しめる他にはない戦略が必要となりました。 競合他社との差別化をどう図るを徹底しブランディング及びコンサルティングを行わなければいけません。

施策

[     ] with coffeeという斬新な切り口で様々なシチュエーションに対応するブランディングを確立しました。それは、お客様とコーヒーを近づけられるストーリー展開シリーズです。

この様なシリーズ展開をする事で、もっとzoka coffeeを身近に感じる事ができるのです。ありきたりではなくなるのです。「あたりまえ」の先に行ける武器がzoka coffeeにはありました。1、「唯一無二のラテアート」2、全米No,1のスペシャルティーコーヒー3、熟練したバリスタ 4、生産者との距離(国内工場)。それは他社とは逸脱した存在になる事になります。また、コンサルティングとしては、社内の「コミュニケーションワード」と社外の「インナーワード」の区別から見出だす事からはじめ、zoka coffeeの武器を打ち出し個性を位置づける為の5つの戦略を考えました。それは、今後店舗を拡大していく上での必要不可欠なブランドの軸となります。
プロデューサー、アートディレクターが一丸となりプロジェクトチームを結成し、デザイナー、コピーライター、フォトグラファーと共にクリエイティブソリューションを実行。具体的にはフェイズ1として「先方の責任者及び広報部との全体ミーティングを何度も繰り返しプランニング」。フェイズ2として「「課題を解決するために、数パターンの中から一つの路線に決定しweb siteの制作」。「工場へのインタビュー及び撮影」、フェイズ3として「ブランド構築・戦略の考え方のマニュアル化」。フェイズ4として様々なキャンペーンをご提案。

アウトプット

zoka coffee(どんな風が吹いた?)

新しいブラディングが確立しました。担当者様からは「プロのお仕事ですね」と有り難いお言葉を頂きました。
その後もスタッフウェアのご依頼やクリスマスキャンペーン等を実施致しました。